開けてもらうダイレクトメールを作成しよう

お店や企業にとっては、経費をかけて作成するダイレクトメールですが、せっかくなのですから開けてもらえるものを作成することをおすすめしておきます。それには、何が必要なのか、どのような工夫をすれば良いのかを簡単にお伝えしておきます。それは開けてもらえるようなお得感を用意することです。それから親近感のあるものに仕上げることもおすすめです。また、大切なこととして、開けてみたいと思わせるような意外性を持たせることが良いでしょう。そこで、封筒の中に、花の種であるとか、鉛筆、それからボールペンやクリップなどといった触感で感じるものを入れておくこともある種の意外性があっておすすめです。実際、このようなものを入れておくだけで開ける方はほとんどだったのだそうです。このようなことをして開けてもらえるダイレクトメールを作成してみてはいかがでしょうか。

ダイレクトメール、心理を利用した折方について

ダイレクトメールを折る際には1つ工夫をしてみましょう。普通に折っても見てもらう事ができない可能性もあります。しかし中身がわからなければ必ず開いて確認すると言う事がわかっています。このような心理を利用した折方があります。それは表面を内側にしてなんの広告かわからないようにして発送をする方法です。中身がわからないまま捨てるとどんな内容だったのか不安になってしまう場合もあります。この折方をすれば最低一回は目を通してもらう事が可能になります。入れ物などを使用する事も無いので、費用が余計にかかってしまう事も避ける事ができます。費用をかけずに見てもらう可能性をあげる方法ですので誰でも行う事ができます。開いていない状態の場合はなにも書いていない部分が表面になるのでその部分に気になるような一言や文章を書くとさらに効果が上がるでしょう。

ダイレクトメール、混雑する日の記載などについて

ダイレクトメールを送る際は丁寧と言う事を心がけましょう。利用してくれるお客さんの事を思って丁寧に作らなくてはなりません。ダイレクトメールを送る事によって次の日から混雑してしまう場合もあります。混雑するかもしれないと言う事は今までの実績やデータなどで予想する事はできます。また暇になる日も予想する事ができます。暇な日、混雑してしまう日を知りたいお客さんもたくさんいます。また利用する方はインターネットなどを利用して、スムーズに利用できる日を調べている人が多いです。このような暇な日混雑をする日をダイレクトメールに記載すると非常に親切な企業、店だと良い印象を与える事ができます。予想はあくまでも数字上になりますので外れてしまう事もありますが、週末は混雑する恐れがありますなどの一言を加えると利用しようと考えている側も気分が良くなるでしょう。

ムダな郵便料金を支払っていませんか?DMパックは広告郵便を利用したお得なDM作成をご提案しています。 圧着2ツ折はがきやふちのり圧着、通常はがきDMや小ロットオンデマンド印刷等が、当社のオススメ商品です! DM作成でお悩みのご担当者様!まずはお電話下さい。 DMパックなら月間500万通のDM発送実績あり。 Dmパックサービスでは印刷・加工から投函まで7~9営業日で完結いたします。 ダイレクトメールならDMパックへ

Blog Home