ソファーに使われる外張りの素材について

ソファーに使われる外張りの素材には、様々な種類のものがあります。まずは、化学繊維の布張りについてです。化学繊維の布張りには、いくつか種類があり、その性質はそれぞれ異なります。また、カバーリングと表記されている場合は、その部分を取り外して洗濯出来るようになっています。ポリエステル素材の外張りは、ポリエステル100%の外張りもあれば、他の繊維と組み合わせた合成繊維の外張りの場合もあります。ポリエステル素材のメリットは、耐久性が高いということです。また、弾力性があり、シワがつきにくいこともメリットです。

少しの汚れならば簡単に取り除くことが出来ます。注意点としては、熱に弱いためストーブを近くに置かないなどの工夫が必要です。アクリル素材の外張りは、直射日光や外気にさらしても劣化が少ないことがメリットです。また、発色が良く、カラーバリエーションが豊富に揃っています。注意点としては、自宅で洗濯できないため、汚れが気になった時は、取り外せる場合はドライクリーニングを利用することになります。ナイロン素材の外張りは、他の繊維と組み合わせた合成繊維になります。弾力性があり、耐久性がとても高くなっています。そのため、カビや虫、化学薬品などに強くなっています。注意点としては、ナイロンの合成比率が高すぎる場合、肌に密着する感じがあったり、熱に弱いことが挙げられます。次は、ファブリック素材の布張りについてです。ソファーでは、ファブリックと表記されているものをよく見かけますが、これは天然繊維、あるいは化学繊維を加工したもののことです。では、天然繊維の布張りを紹介していきます。綿は、夏は涼しく冬は暖かい使い心地であるため、1年を通して使える素材の外張りです。比較的値段は安いですが、丈夫であることもメリットです。

注意点としては、シワがつきやすかったり、水洗いをすると縮むため、取り外せる場合はドライクリーニングを利用することになります。ウールは、高級素材であるため、ウールを使ったソファーは値段が高くなっています。メリットは、肌触りの良さと汚れにくさ、耐火性が高いことなどが挙げられます。この他にも、ソファーの外張りの素材には、ビニールレザーや合成皮革、人工皮革などの素材もあります。ソファーの外張りを重視して選ぶ場合は、肌触りや手入れのし易さ、耐久性、見た目の雰囲気などをチェックして、設置する部屋や使う人に合ったものを選ぶようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*